水族生理学研究室

研究室の概要

 魚類をはじめとする水生動物は,多様性に富んだ水環境に適応し,効率的に再生産を行うことで,現在の繁栄を享受している.環境適応や生殖の生理学的メカニズムを解明することは,水圏における生物の生存戦略を理解することばかりでなく,効率的な増養殖や生物資源の持続的利用を目指す上でも資するところが大きい.なぜサンマやイワシは淡水で生きられず,コイやフナは海水に適応できないのか.なぜ汽水域に生息する魚は川でも海でも平気なのか.魚類の性はどのように決まるのか.そして,性転換魚に見られるように,なぜ魚類はいったん決まった性を簡単に変えることができるのか.本研究室では,こうした疑問を個体レベルから細胞・遺伝子レベルに至る手法を駆使して解明し,水圏における生命現象の理解を深めることを目指している.

写真
1. ティラピア鰓の塩類細胞
2. 塩類細胞に発現するイオン輸送体
3. メダカの水飲み
4. ウナギの腎臓
5. ティラピア胚
6. 性行動に関与する神経細胞
7. オス特異的神経細胞
8. 配偶子形成を支配する神経細胞の発生

主な研究テーマ

  • 魚類のイオン・浸透圧調節と環境適応(金子)
  • 魚類の生殖を制御する脳内機構とその性差(大久保)
  • 軟骨魚類の成長、生殖と環境適応(兵藤)
  • 極限環境に生息する海洋無脊椎動物の環境適応(井上)

スタッフ

教授 金子 豊二 [研究者データベース]  
准教授 大久保 範聡 [研究者データベース]  
助教    
教授
(海洋研生理学分野)
兵藤 晋 プロフィール  
教授
(海洋科学国際共同研究センター)
井上 広滋 プロフィール 井上研究室ホームページ

研究室ホームページ

http://www.seiri.fs.a.u-tokyo.ac.jp/

海洋研究所生理学分野ホームページ

http://physiol.ori.u-tokyo.ac.jp/seiri/index.html

海洋科学国際共同研究センターホームページ

http://ofgs.ori.u-tokyo.ac.jp/~ofgs/park/public_html/index.html