大気海洋研究所 資源解析分野

概要

 漁獲などの人間活動は海洋生物や海洋生態系に大きな負荷をかけてきた.「海の幸との共生」は環境の世紀といわれる21世紀の重要な課題の1つである.資源解析分野はこの課題に真正面から取り組んでいる.
海洋生物資源の利用と管理 資源の持続的利用のためには十分な親を残す必要がある.資源量の推定値や将来予測には常に大きな誤差が含まれる.私たちは不確実な情報に基づき,乱獲を回避できるような管理方法の開発に取り組んでいる.
野生生物の保全 人為的な影響によって,多くの野生生物が絶滅の危機に瀕している.私たちは,貴重な野生生物と自然を次世代に残すために,希少生物および生態系の保全に取り組んでいる.海洋生物の個体数変動のメカニズム.海洋生物の個体数は様々な要因により変動するが,そのメカニズムは謎に包まれている.私たちは,コンピューター・シミュレーションによって個体数や生態系の変動を仮想的に再現し,現実に起こっている変動の謎に迫っている.より詳しい研究内容に関しては下記のホームページを参照していただきたい.

写真
1. マイワシの資源管理のシュミレーション結果
2. 順応的管理の枠組み

主な研究テーマ

  • 海洋生物資源の持続的利用と順応的管理
  • 野生生物の保全生態
  • 海洋生物の個体群動態

スタッフ

教授 小路 淳 [個人ページ]
准教授 平松 一彦 [個人ページ]
助教 入江 貴博 [個人ページ]

研究室ホームページ

http://cod.aori.u-tokyo.ac.jp/